本文へスキップ

羽衣双学舎塾 森道場とはprofile

羽衣双学舎塾森道場は、東京都立川市にある柔道教室です。


羽衣は地名で双学舎(ゆうがくしゃ)はともに学ぶという意味です。

羽衣双学舎塾森道場の目的

当道場は青少年の健全育成を目指し、柔道の普及発展と心身の充実向上に寄与することを目的とします。具体的には…

●人格の陶治(とうや)
●礼節を守ること
●体位の向上
●技量の練磨
などを目標に、日々の修練に励みます。
 
 
 
 
 
 


羽衣双学舎塾森道場の指導方法

アットホームな道場として!
当道場では、練習時間の前半は低学年を中心に、後半は高学年を中心に練習しています。
年齢の異なる子供たちが、集団の中で一緒に練習をすることにより、上級生は下級生の面倒をよく見るようになり、下級生は上級生を慕うようになります。その結果、練習前や休憩時間などには兄弟のように仲良く遊んでいます。
運動が苦手な子供でも安心です!
各個人の経験や能力、そして個性に合わせた指導を行なっているので、運動があまり得意ではない子供でも安心して続けられます。
少しずつではあるものの、一歩一歩確実に成長することで子供たちは達成感を得ることができ、柔道を好きになっていくのです。
ほめて伸ばす!
武道やスポーツの習い事にありがちな、理不尽なまでのスパルタ的要素は極力廃し、ほめる比重を増やすことによって、子供たち自身に「やる気」を起こさせます。
もちろん、子供の言動に対して注意をすることもあります。厳しいことを言うこともあります。しかし、頭ごなしに叱りつけるのではなく、 「たとえ子供であっても1人の個人である」という考えのもとに指導を行なっています。
たくさんの試合が体験できる!
立川市内で行なわれる試合はもちろん、市外で行われる試合(招待試合など)にも積極的に参加し、日頃の成果を試合にぶつけ、勝つ嬉しさ、負ける悔しさを体感しています。
森道場が参加している主な大会
立柔杯柔道大会
立川市民柔道大会
東京都少年少女学年別柔道選手権大会
杉並区少年少女柔道大会(招待試合:年2回)
渋谷区区民柔道大会(招待試合:年2回)
小金井市民大会(招待試合:年2回)
参加する大会はほとんどが個人戦ですので、原則として道場に通う子供たち全員が出場できます。
これらの環境が「人の痛みのわかる人間を育てる」と自負しています。
入塾資格
当道場の趣旨に賛同し、柔道修行を通して人間形成を志す、心身ともに健康な方を歓迎します。
詳しくはこちら⇒入塾案内

指導者

                       
師範  森 幸夫
(講道館八段)
出身校 明治大学
副師範  野村 直樹
(講道館四段)
塾長  森 武文
(講道館六段)
出身校 亜細亜大学
指導員  森 陽保 
(講道館五段)
出身校 明治大学
柔道のほかにレスリングにも
興味のある方歓迎します。
指導員  森 護
(講道館五段)
出身校 国学院大学
指導員  原 武雅 
(講道館四段)
出身校 順天堂大学
指導員  櫻井 直子 
(講道館参段)
出身校 成蹊大学
指導員  丸山 大輝 
(講道館参段)
出身校 東海大学
               
指導員  萩原 宏樹 
(講道館参段)
出身校 八王子高校
サポーター  木村 俊哉 
(講道館初段)
このページの先頭へ

森道場

〒190-0021
東京都立川市羽衣町1-9-6

TEL 042-527-7165